20110328














2011.03.28 Monday | 2011年3月 | 11:26 | comments(0) | trackbacks(0) |



地震が起きて その1

何かが変わってしまった気がする。
地震の時、ボクは木曜日あたりから出ていた熱が悪化して寝込んでいた。
だから、起きた事も知らなかったし津波をリアルタイムでTVで見る事もなかった。
もちろん寝ていたからツイッターもしていないし、
そういう意味ではある意味幸福だったのかもしれない。
なんというか、
血相抱えて帰ってきたミワくんによって、
凄く大変な事になっていると教えられて、
大変だ!と思ったくらいなのだから。
それまで津波の事実さえも知らなかった。
その翌日、スペイン人が来る。
友人が旅先で知り合った人なのだそうだが、
東京に帰られずに泊めて欲しいという事なのであった。
普段なら絶対に断っていたのだけど、
「地震」という出来事と体調が悪いというダブルパンチで、
どうやら判断力が落ちていたみたい。
おかげで失恋を味わう事になるのだけど、
人の心を弄びやがって!!というのは別の話なので置いといて(お酒奢ってくれたら話すよ)。
後で思えば、
その日はミワくんの家で晩ご飯をご馳走してもらっていて、
もう少しゆっくりしていけば、
多分、断れていただろうし電話にも気付いていなかったように思う。
次の日に連絡しておけば、
こんな屈辱的な失恋を味わう事も無かったのだけど、
なんかいろいろ失敗だなあと感じつつ、
その時は知る由も無かったのだけど、
いろいろな事が一気に西田辺には押し寄せていたのだ。
かくして、
その日はミワくんちの地デジ対応テレビ点灯式の日で、
残念ながら映るテレビが地震速報ばかりという悲しい感じになっていたのだけど、
既に頭の中は、
今後の日本なんかよりも、
今進めているプロジェクトをどうしたらいいのかという事で、
頭がいっぱいになっていた。
確実に状況が変わるし、
同じスタンスで挑んでしまうと失敗を目の当たりにしそうだなという心配で、
思考がグルグル廻っていたのを覚えています。
少なくともボク達の活動は、
平常的な中でこそ輝くものであって、
異常事態の中で輝ける代物ではないのですね。
でもまあ、
その日から、
スペイン人、体調不良、失恋の津波に襲われて地震どころではなかったのだけどw
おかげで、
もしかしたら、現状として、
人より疲弊していないし余裕の無い状態じゃないかもしれないと思った。
まだまだ前の恋は引きずってるものの、
こんなの酔っ払って大泣きしとけば治るので、
急に大変な状況を見たボクとしては、
今のメディア、ネットの状態が、
異常な事にも気付く事は簡単でした。
こ、こいつら平常心を失ってやがる!!みたいな。
冷静を装ってるのが目に見えてて、
うわー恐いなあというのが最初の印象でした。

2011.03.22 Tuesday | 2011年3月 | 17:56 | comments(0) | trackbacks(0) |