最近の事。

どうって事もないですが、定期的に書いてるので、最近の事をとりあえずここに書いておきます。いろいろあるんですが、1つだけ。クリエイティブの集う場所プロジェクト。なんとも理想的な形で前進してます。これから多分いろんな事が発表されていくと思いますが、どれ1つも最高水準ではない事だけ書いておきます。そういう事は問題じゃない。今自分に出来うる最強のものを作る事だけが全てじゃないんです。なんというか直面している出来事全てに賛辞を!そして感謝します。作るという状況におけるシーンの構築は作るという事そのものが全面で出ればいいというものではない。多分、凄く時間は掛かってるしこれから掛かっていくんだろうけど、まだ自分の事をするのは早すぎるような気がしていて、出来れば後、5年はこうやって今のチャンネルで作り続ける事が出来ればなと思っています。なんだろな、天辺に上ったり、突っ切るだけが到達じゃないのは今も昔も変わってないし、それが単に、ゆっくりな歩みであるだけで、後からのスゲースピードの奴らとたまたま重なってこうなってるだけなのかもしれないけれど、それでもこのフィルターを通って、置いてけられてたとしても、それはそれでシメタもんなのだと、今は考えています。もしも、そのスピードに乗せられて思ったよりもスピードアップしていても、多分、元居た場所に戻るんだろうなという予感だけはずっとあって、その戻しの作業が5年後で、自分の作品を作る瞬間なのだと思ってます。進んでいる間はなんというか、自分じゃないものを作っているというか。今は進んでいます。そういう感じ。
2010.06.25 Friday | 2010年6月 | 14:33 | comments(0) | trackbacks(0) |



ギター、ベースの新しいカスタム提案 neovintage

 ええと、とことん関わりました!是非、一目だけでも見てやってください。
よろしくお願いします。以下コピー&ペーストです。

--------------------------------------------------------------
やっとできました。


楽器製作の専門学校に入り、楽器のことを勉強し、楽器を作るということに疑問を感じ、製作してるもののまじめさにうんざりしていました。
固定概念でガチガチにかためられた狭い業界で、最高の木の鳴りだとかヴィンテージだとかいうのが価値感として存在している。
そんな環境でやっていける気がしなかった。




それに対するこれがギターの新たな加工の提案であり僕のギター製作の答えです。




neo vintage公式サイト  ※携帯から見ると端末が爆発します

http://www.miwakazuki.jp/neo_vintage/

--------------------------------------------------------------
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1503325186&owner_id=8877519
2010.06.08 Tuesday | 2010年6月 | 05:58 | comments(0) | trackbacks(0) |