花形装飾活字を愛でる その44


花の写真に花形装飾活字。クドイです。 パ、パクってないですよ。 今回からはポストカードサイズしております。 ああ、やっぱり羽を伸ばして自由に組むのは楽しいです。 一枚目は、 写真で装飾を隠す方法、 それかオブジェクトで装飾を隠す方法。 このやり方は実は好きなんですよね。 素晴らしい装飾を敢えて隠す事で、 装飾が主役じゃなくて演出する側に簡単に廻ってくれるのと、 隠すってのは裸よりいいよね。 凄く魅力に感じる。結局は裸にしか興味が無いわけやけど…。 雑誌の中綴じのページとか切らずに覗くのが好きとかそういう感じで。 2枚目は、 自由にしました。 せっかくイラレですし、 画像に重ねて装飾としての意味合いを前面に押し出しました。 微妙に回転させたり、 版とは関係のない領域で近づけてみたり。 拡大縮小は行いませんでした。好みの問題です。 凄いと思ったのは、 そのランダム性と装飾としての質の高さです。 画像を見ただけだと一見、 どこにどれを使っているのか分からない感じになってます。 装飾としてそのバリエーションの豊富さは、 やはり単品ではなく、 こんな風ですが組んだ時に初めて発揮されるのだと、 改めて感じさせられました。 やっぱ凄いですよね。 この作業してる時は夢中になりすぎて時間を忘れました。 話は凄く変わりまして、 ところにより、 グラフィックデザインはコンピュータを利用する事で自由を得ました。 まず得た自由はなんだと思いますか? それは配置です。 と言っても全てを統合した自由には随分と時間がかかった訳ですが…。 最初の大発明は文字が左から右へ完全に平行にタイプ出来て、 それをいつでもプリントアウトし印刷出来た事だと思います。 間違ってタイピングすれば修正が効きますし、 改行も字間も何もかもが自由になる事は、 当時としては凄い事だったのです。 そして今。 完全とは言えないのかもしれないですが、 制限を感じないくらいに自由を得る事が出来ました。 全てのオブジェクトは意のまま思いのまま…。 操作も簡単で対した技術もなくても誰もが作業が出来るレベルにまで達しました。 そのおかげでデザインが良い意味でも悪い意味でも普及し、 プロフェッショナルと素人との差、 壁でもいいか、が消えつつあります。 これは何を意味をするのでしょうか。 俗に素人のレベルが上がっているとも言えますが、 ボクは逆にプロのレベルが下がっている面も否定は出来ないと思うのです。 創造性や感性や独自性だけが先行し、 肝心な技術への関心が薄らぎ、 グラフィックデザインを教える学校(大学含め)でさえも、 キチンと教えているかは怪しいものです。 企業は即戦力を求め、 スピードを求め、 イメージを求め、 最近の雑誌等のタイポグラフィの技術力の無さは虚しささえ感じます。 あれでいいんかいな!と。 もう一度勉強しなおさなアカン時に今は来てるのだと、 当事者さえ気付かない今の現状はどうなんでしょう。 あれでいいと思っているのかな。 腹ただしささえ感じます。 ま、それはさておき。 ボクはこの花形装飾活字を通してその基本を思い出して欲しいと考えました。 だから出来ればもっとグラフィックデザイナーの方や、 それを志している方に興味を持ってほしい。 持たない事は逆にどうなんでしょう。 仕事して給料とかギャラ得れたらええのかな。 結果が出なきゃいいグラフィックデザインとは言えないなんて、 そういう垣根を越えた超越した価値観が今必要じゃないかな。 プロとアマの圧倒的な差はやっぱりキチンと築いていかんと逆に危ないと思う。 もちろん単純に花形装飾活字を愛している方がいてくれる事が、 なによりも嬉しい事です。 ボクもまたその1人ですから。
2008.08.29 Friday | 2008年8月後半 | 06:58 | comments(0) | trackbacks(0) |



花形装飾活字を愛でる その43

全部の解説が終わったので、 何をしようかなと考えていたのですが、 とりあえず今回の事を振り返って的な事を書こうと思いました。 ちなみに次からは、 これも何しようかなと思っていたんですが、 そんなに硬くならずに、 エンスヘデ活字シリーズ60を使って、 自由にやってみたかった事をあれこれ妄想の元で、 形にしていければなあと考えています。 実はどうしようかなあと迷っていて、 少しの間お休みをいただいておりました。 申し訳ないです。ごめんなさい。 結局に赴くままに気ままにやってく事で、 この花形装飾活字に対する愛は伝わるんじゃなかろうかと、 結局かい的な感じでそういう事になったのでした。 ところにより、 この計画を思いたったのは、 忘れもしない10月のアイデア325号発売の時。 その時に初めて追い求めていたのものが、 花形装飾活字という名前だと知りました。 あまりにも無知でした。 なによりもわからなかったんです。 手にして目に見るものは資料ではなくって、 実際の使用された当時の、 数少ない本からでしかありませんでした。 もう、これ以上は、 この花形装飾活字と呼ばれているものを、 追い求められないのか頓挫しているところでもありました。 まさに天の恵み、神の助け! このアイデア325号は現代でこそ、 雑誌という形をとっていますが、 雑誌なんていう名前にしておくのがもったいないくらいに、 凄くまとめられた資料だと思います。 日本では他に朗文堂から出ているヴィネットが有名(一部で)ですが、 アイデアというメジャー(一部で…)な雑誌で出したのはスゲー事なのです。 と、 興奮したまま、 その付録の中身。 内容は浅いものでザッとこんなもんよ的な一覧やったのですが、 今回のこのアウトライン化する衝動には充分すぎるものであったのは、 言うまでもないし、 実際に地獄の半年を過ごす事になったのでした…。
2008.08.28 Thursday | 2008年8月後半 | 09:10 | comments(0) | trackbacks(0) |



続、写真について

どうもボクは人にこだわりすぎたのかなあ。 いやはや今だからこそ、 こうやって迷いが出てるのかもしれませんね。 出かける気もしないし、 模様替えとか掃除とかに追われてるし、 せっかくなのでいろいろこの半年の写真と対してきた事を考えているのですよ。 実際に2ヶ月前には既にやり切った感があって、 というか2ヶ月前が終わりに設定していたはずが、 前も書いたけど今になっているのですが、 そのおかげでどうやらわかった事は、 行くとこまで行った感じがするんですよね。 現時点でボクが出来る写真は終わった気がするんです。 そもそも移り気の激しい柄なので、 既に心は次に企んでいる事へ向きつつあるのですが、 その中で、 後1ヵ月半くらいはシツコク写真を撮るつもりでいたりします。 そこへ来て、 最近の怒られっぷりや警察の一件があってから、 どうもボクは境界線へきたのだなあと、 とうとうここへ来たかと思ったのです。 なんだか、 最近は写真を撮るにしても意識しすぎていて、 良い写真を撮るぞとか面白く撮るぞとか名作を撮るぞとか作品を撮るぞとか、 そういうのが前面に出すぎちゃってたのだよねえ。 なんか自分のスタイルを崩しちゃっていて、 それを崩してまで名作を撮るのは変なんですよ。 だから余計に話しかけてからのプロセスまで近寄ってしまっていた。 もしかしたら次の次の次くらいには、 そういう写真もいいかもしんないんだけど、 今は無いなあというのが率直な感想で、 それよかむしろもっと、 今しか撮れないものをガシガシ撮りたいなと、 この失敗も20代で出来たことが、 なんか次の30代、40代まで写真を続けていたらだけど、 いい形で自然に吸収していくと思うのですね。 その時に初めていい感じで、 話しかけるという動作で撮れるんじゃないかな。 なので、 今はもっと無邪気に撮らなきゃいけないなと。 苦行にしちゃいけないし、 あせってもいけない、 いいじゃないですかそういうもんですよ。 むしろ人なんて撮っても、 その心情が写りこむものでもないじゃん。 単なる光りですよ光り。 今から180年前にフランスでおっちゃん(名前忘れた)が、 アスファルトかの溶液を塗った板に自室から映し出した光りから始まって、 今に至るまで無数の目の前の光景が映し出されてきたのだけど、 それはなんだったかというと、 その人がカメラを持って生きてる目の前だったんですよね。 それ以外なんでもない。 そこには作品性も表現性もない。 価値も名作の呼び名もありゃしない。 ただなんだろう。 「残したい」というノスタルジーでもないか…。 なんなのだろうシャッターを切るという衝動は抑えらないし止めらない。 今週は少しお休みだけど来週は撮ります。 なんか分かっちゃったんだよね。 どうせまたすぐに分かんなくなっちゃって頭を抱えるんだろうけど。
2008.08.27 Wednesday | 2008年8月後半 | 19:51 | comments(0) | trackbacks(0) |



写真について

今日も警察じゃないけれど、 レンズ向けてオッサンに凄い怒られた。 出来事って重なるなあって思いつつ、 それと同時に最近抱えてた違和感みたいなのが解決したように思う。 それを書こうと思って今日は早めに帰宅しました。 実は熱が出たてのもある。 昨日の出来事が余程ショックやったらしい。 あ、こっから先は非常にまとまってない文章で長いので、 興味がありましたらどうぞ。 その疑問というのは、 被写体との距離と、 オイラが撮るテーマみたいなものとのズレが、 ずっと続いていたのです。 今の時代にて、 カメラという認知があまりよくないイメージとして捉えられ、 プライバシーや違法性ばかりがメディアで流されたせいで、 非常に撮る側としては撮りにくい環境に今なっちゃってるのは、 本当に間違いないと思います。 その末が梅佳代のような写真家を生んだのだと断言していいと思う。 アラーキーはまあ置いといて、 ホンマタカシもウマイ事撮ってるけどあの人の視点は危ういので、 これも置いといて。 今の状況の過渡期に梅佳代のようなスタンスで撮るというのは、 一番の挑戦であり撮影者の試みでもあるように思うのだけど、 あれは女性という特権の元、 なおかつカワイクて美人という部分をウマイ事使ったよなあというものなのです。 以前から、 受胎的と射精的な視点についてはピックアップされていました。 そりゃああんた、 男より女にレンズを向けられた方がいい気がするってなもんなのです。 とくに男の場合は。 それに、 変態的な意味合いが薄れますよね。 男はそれを常に抱えていなくちゃいけないから、 撮る時には何倍も勇気がいると思う。 しかも多感な女子を撮るとなったら、 女の方が有利なのは間違いなさそうです。 そういう意味で今まさに、 女の人が写真家として出まくってる中で、 男は大勢と協力して撮るといった、 共同作業としての写真を目指しつつあり、 個として写真家という道を歩むには、 海外へ逃げる逃避行的な在り方しかないような状況なのです。 実際そうですし。 とにもかくにも男がシャッターを切りにくくなってるのは明白な事実なのです。 まあ、身近な人を撮るとかそこらへんは置いといて、 つまり、 従来のように、 話しかけて接近的な手法では、 所詮は女に勝てないので、 盗むというよりかはスルというイメージに近い形で、 瞬間の行為を感覚で撮ってしまう事が、 今ボクが目指す写真であり、 その距離感を探るというのが最初の目的でした。 そしてこの一ヶ月の間に、 怒られたりした回数が有り得なく増えてきました。 という事は単純に接近し過ぎているという事と、 自分の中で人を撮るという気負いが生まれ始めて、 意識しすぎてレンズを覗いてから撮影までの時間が、 かかり過ぎていたのです。 そりゃあんた気付かれるし、 レンズでずっと覗いてるもんやから、 なんやねんとツッコム気持ちもわかるわ。 しかも最近は、 かなり踏み込んでしまってるのだと思う。 気持ちが前に出すぎてるというか、 じゃあ、話しかけてから撮れよと言うくらいに、 スゲー近づきすぎてました。 時々はいいと思うんですけどね、 そういうチャンスが奇跡的にあるかもしれない。 けど常ではないのは明白ですよね。 自分の中では、 話しかけて撮るのは違うと思っているし、 怒られる事を覚悟してもいます。 が、 最近はちょっとやり過ぎて、 それやったら話しかけた方がいいもん撮れそうだな状態になっていたのです。 がが、 それだと自分の撮ろうとしている写真とは違うじゃねーかと。 やっとそれに気付いた訳なのです。 つまりのつまり、 今やってる、 人にこだわった撮影へのプロセスは、 以前は人をいれない写真を撮っていて、 ある節目を迎えた時に、 その中に人という奇跡が入ったらどうなるか、 という点で非常に面白そうだと思い立ったんですよね。 始まりはそこやったんです。 という事は、 「人を撮る」という行為をするんじゃなくて、 ボクが撮影した風景に、 人(人じゃなくてもよい)別の何か奇跡が入る事が、 なによりも今ベストに感じられる写真なんですよね。間違いなく。 だから被写体との距離がどうとかではなくって、 その風景のどこに居ようが、 別の何かが写っている中での、 その奇跡を追い求める事に異議があるんだと。 それそのものを撮るというよりも、 それがある1つの領域または空間が何よりも重要なのですよ。わかりますかね。 せやから大切なのは人間力じゃなかったし、 撮影テクニックでもないんですよ。 感覚のみの勝負(勝ち負けではないけれど)。 自分が見ている視点をどれだけ信じられるか、 それを本当としてどれだけ受け止められるかにかかっているのだと思いました。 こりゃまた初心に戻って最初からやり直しですね。 アメ村もまた違った風景に見えるはず。 スゲー!今からドキドキワクワク! けど熱出てしんどいので、 晩ご飯作ってお酒呑んでそっこーで寝ます。 あ、それと今日、注意してくれたオッサンに感謝せな! 警察はファックユーですがね。中指立ててやる。
2008.08.23 Saturday | 2008年8月後半 | 12:03 | comments(0) | trackbacks(0) |



花形装飾活字を愛でる その42


2292と2293。 これは多分、 当時の現代的な可能性の中で、 新しい模索としてバトンタッチ的な役割として、 実験的に制作したような気がします。 なによりも、 これだけ他とトーンが違うのです。 曲線、装飾、バランス。 どれをとっても明らかに他と違うのがわかります。 線の重なりも他の版よりも多いですし、 一番印象的だったのは線が細いという事です。 この細さを助長しているのが、 版の大きさに対しての線の量です。 伝統的とは対象的に、 どこかミニマルな要素を感じます。 1900年代に入ると、 花形装飾活字の過渡期になるわけですが、 より派手なものになってきます。 この頃といえば、 写真が印刷の領域に入ってくる激動の時代ですし、 その中で花形装飾としての存在を示す為にという事で納得がいきます。 が、しかし、 この装飾はその逆を行く発想です。 どちらかというと、 1900年代は派手ではありますが発想そのものがチープで、 既にあるものをアレンジしただけの流用的なものが多いような気がします。 その中でコンピュータとオフセット印刷の介入により、 花形装飾の世界は一気に廃れて行く訳ですが、 その中で今回のこれは正当的に次への可能性を示唆した版であるには、 間違いないと言わずにはいられないのです。 むしろ新しささえ感じます。 つまりこの後、 このシリーズは伝統的なものを保管しつつ、 ミニマルな方向へ進むはずだったが、 時代がそれを許さなかったという事ではないでしょうか。 もしかしたら、 これはシリーズ60ですから、 その後の型番でそれが見られていたかもしれません。 残念ながら、 その資料は手元にありませんし、 それを手に入れる術もありません。 心当たりのある方は是非具体的な情報をお待ちしています。 そして出来れば、 その実際の版見本をコピーでもいいのでいただければと思います。 是非、今回のデータと交換しましょう。 あ、 実は今回で、 全種類の解説が最終回です。 最初から読んでくれた人も、途中からの人も、 読んでくれた人全てに感謝を申し上げます。 最後の方は書く事がなくなって間延びした感がありましたが、 この時を迎えられて嬉しいです。 次回からは(まだ続きます)、 花形装飾や印刷の全体の世界にまで視野を広め、 応用的なものからそのアウトラインを含む文章を書けたらと思います。 興味がありましたら、是非ご購読お待ちしております。 そして最後に、 こちらのデータをお使いいただいている方に、 今回こちらで、 例として組んだもの全てを対象に、 ご希望のデータを差し上げたいと思います。 また、これから連載していく中で、 発生するデータについても対象にいたしますので、 お気軽にお問い合わせください。 お待ちしております。
2008.08.22 Friday | 2008年8月後半 | 10:15 | comments(0) | trackbacks(0) |



花形装飾活字を愛でる その41


2291です。 あはは。笑いしか出ないですね。 これはこの版はバランスが光りすぎですね。 本気で凄いと思います。 いやもう見た目でわかりますね。 1人で何役を演じるつもりなのかまったく。 使用するポイントとしては、 真ん中にデーンと置いて、 いろんな装飾との連結部として使うのがいいと思います。 サイズがサイズですし、 大きいのでいろんな版を並べる事が出来、 何よりも図案を見ると、 外側にいろんなサイズの渦が配されていて、 いかにもそうしてくださいねと言わんばかりの、 仕上がりになっている感じです。 これはちょっと特殊で面白いので、 イメージ的にどうかだけ付記しときます。 まず真ん中のの上から流れが始まっています。 それから下へ左右の端まで広がるイメージで川の流れを、 正面から受け取るようなイメージになっていて、 その後、 何かにぶつかってザブーンとなって上に流れが、 打ち上げられるような感じで、 水飛沫とともに消えています。 で、今までならここで終わりなんだけれど、 ここがこれの特殊なとこで、 よく見ると何か外へのイメージに繋がるというよりかは、 中でギューギュー詰めになっているのがわかります。 なので、 いろんな版と組み合わせる事は出来るのだけど、 どうも組み合わせた時にパワーが無く、 パワーがあるはずの他の版でさえ、 それに吸収されたように動きがなくなるのです。 惰力しか残らないような。 が、 そのおかげでオブジェクトとしての意味合いが強くなり、 例で見てもわかるのですが、 大きなサイズの割には、 スゲーうまく溶け込んでます。 言われなかったらわからないくらいにです。 しかも全てが1つのストーリーを持つように、 ガッチリとまとまりを魅せてくれてます。 なんなのでしょうねコイツは。 まるでブラックホールとか磁石のようです。
2008.08.21 Thursday | 2008年8月後半 | 09:08 | comments(0) | trackbacks(0) |



花形装飾活字を愛でる その40


2289と2290。 で、出た! これは単純に大変でした。 データを手に入れた方は調べられたら調べてもらうとわかるんですが、 アンカーポイントの数がドエライ事になってます。 うう、見ただけで思い出して吐き気が…。 完璧でしょう。凄いでしょう。 多分ここまでやる人はいないと思う。 よっぽどの志がないと無理ですよ。 仕事じゃ無理、絶対に途中で手を抜く方法を探ってるはず。 何も書かずとも見ればわかると思います。 この版はこの系統の役割の物の中で、 一番派手で目立つ位置ある版である事は明確です。 スゲーなあ思わず装飾に見とれてしまって、 本来の役割は無視とかでいいよねえとかってノリになりますよね。 という事で、 例もそんなノリのものになってます。 単品でもこの魅力が充分伝わるかと存じます。 印象としては羽に近く、 そして細かくみていくと流動的で植物的。 もうなんかあんまし書かない方がいいですね。 確定的な部分で使うのは、 もちろん重要なポイントですが、 これは是非、 見たままの印象で使って欲しいです。 ほんとにそれでいいと思う。 操るより身を委ねちゃった方がこいつは発揮するような気がします。
2008.08.20 Wednesday | 2008年8月後半 | 08:58 | comments(0) | trackbacks(0) |



花形装飾活字を愛でる その39


2287と2288。 これちょっと変わってて面白い。 なによりも、 この版の一番の魅力は独特なウネウネ感にあって、 2281と2282のやつよりも、 断然に遊びを入れてるのがわかります。 単に大きくしたのではなくって、 キチンとした想定でのバリエーションだということなのでしょう。 と言いつつ版にそのものについては、 あえて付け加える事はないと思います。 毎度ながら最高です。 手を抜いてないのは、 今まで紹介してきたやつを見てもわかるんですが、 それが1つも無いってのは本当にスゲー事だと思います。 そしてそれぞれに魅力があって役割もあって、 これを考えた人作った人関わった人全てが、 スゲー本気でやったんでしょうねえ。 今、現代でここまでの事が出来るかは凄い疑問です。 もちろん技術は変わってきているし、 そこは考慮に入れた上で、 果たしてここまでの情熱や責任や技が持続するでしょうか。 最近の個の技術力の低下は目まぐるしいものを感じますし、 いつから、 グラフィックデザインはスピードと効率とクライアントだけのものになってしまったのしょうか。 もっと心が震えて作る側が感動出来るような、 そういう現場はもうないのでしょうか。 それを望むのは変な事でしょうか。 あ、内容がズレタ。スビバゼン…。
2008.08.19 Tuesday | 2008年8月後半 | 09:38 | comments(0) | trackbacks(0) |



花形装飾活字を愛でる その38


2286。 もういいんですよ。 ここまでくればね。 どっちかというと自分自身がやってる事がバカで恥ずかしい事かどうか、 そこが一番気になります。 これは例えば4000を越えるアンカーポイントで構成されていて、 それが本当に意味があったのか、 自分に問う旅でもあるし、 実はその半分でも良かったんじゃなかったのかという、 疑念の中で、 印刷とモニターの羽佐間で。 これが素晴らしいという事に揺るぎは無いし、 それを覆すだけの自信もまたあるように思う。 そしてこれがスタンダートだと発言出来るところまで来た。 これがスタンダートです。 実際に組むとなれば使いにくいけれど、 これがつまり花形装飾活字であり、 単なるパターンを越えた領域。 なによりもスタンダートであるべき図案。 それがこれなんです。 全ての考察が終わり、 その過程で、 自分という解釈という限界のところにたどり着いた瞬間。 それを体感させてくれた。 有り難く有り難く。 線の太さ、 その過程、 膨らみ、 ボリューム、 何を取っても間違いない出来です。 もし、 出来の悪い版と並べた時に、 差は歴然としちゃうかもしんないけど、 それもまた意図であると明かしておきます。
2008.08.12 Tuesday | 2008年8月後半 | 22:40 | comments(0) | trackbacks(0) |