no title




2007.03.31 Saturday | 2007年3月 | 17:01 | comments(0) | trackbacks(0) |



no title




2007.03.31 Saturday | 2007年3月 | 16:34 | comments(0) | trackbacks(0) |



no title




2007.03.24 Saturday | 2007年3月 | 17:00 | comments(0) | trackbacks(0) |



写真について

今までのアウトプットはネガでした。 スキャンしていたとしてもラストはネガにありました。 撮っていてもネガへの意識が終着として定着し、 それが自分とっての作品であり、 それに対して、 というよりもそれで満足の域にいました。 だから引き伸ばし機なのか暗室なのか印画紙なのか、 という訳でもないみたいです。 高校の頃、 自分の作りたい作品もなく訳もなく暗室の作業を過ごしていました。 これはたしかなのです。 単に写真に対して何もわかっていなかったのでしょう。 ただ、モニタ上にしろ印刷上にしろ、 物質としての欲求を満たすものというのには物足りないものであり、 何かが違ってきていたという実感があります。 去年、線を描き続ける紙としての絵から、 色を塗るキャンバスという移項を果たした時に、 確実にアウトプットの移項を感じました。 ラストが変わった事でまた新しい思考で描けるという確信を得ました。 やはり自分の作るという意識の中で、 哲学的な部分、 リアリティだけではなく第三者の文章の部分を必要としています。 写真を撮る中で言葉でのアウトプットに限界を感じたと同時に、 違うアウトプットを求めていたのかもしれません。 そして同時期にキャンバスへの移項を果たしていた事は幸福でした。 ネガから印画紙へ。 これは必須なのかもしれません。 訳のわからなかったあの時の暗室とは違って、 極々、自然な、 そして試したいネガもあります。 愉しみです。
2007.03.16 Friday | 2007年3月 | 16:31 | comments(0) | trackbacks(0) |



fengfeeldesign:print shopアナウンス

写真(print)作品の販売及び、印刷物(print)の制作を目的としたshopを近々(5月予定)オープンいたします。 印刷に関しては現在の商業印刷への反感としての新しい提示と実験を主に置いたものを準備中です。当初anada-21jを利用したものを考えておりましたが、ファーストロットの価格が予想していたよりも高く設定されましたので、急遽、暫定版として『千代紙な名刺』のシステムを利用した計画を進行中です。将来的にanada-21jのロット数の増加による価格の低下、又は資金の運営の是非によって見極めたいと思っております。 写真に関してはサイト内の白黒作品をクローズアップしたラインナップを引き伸ばし機によって一枚ずつ手焼きにて提供し販売出来るものを準備中です。
2007.03.08 Thursday | 2007年3月 | 14:32 | comments(0) | trackbacks(0) |